相談事例⑯

2021/03/01

相談事例⑯隣人の嫌がらせ
                                                       
      千葉県市川市 N様


千葉県市川在住のN様からのご相談です。

半年前、マンションを購入したのですが、

早急に引っ越したいと考えております。

というのも、隣の住人の嫌がらせがひどいのです。

きっかけは恐らく、引っ越して間もなく、

棚を作ろうと板を購入し運んで帰ってきたときに、

板で隣人のドアを傷つけてしまったことだと思います。

すぐに謝りましたが、その後嫌がらせが始まりました。

ベランダにゴミが投げ入れられていたり、

夜中の騒音(明らかにこちら側の壁を叩いている音)や、

玄関に暴言の書かれた貼り紙を貼られるなどです。

管理人さんからも注意喚起をお願いし一時は落ち着いたのですが、

またしばらく経つと嫌がらせが始まりました。

最初の頃は耐えられていたものも、

今では些細なことでも過剰に反応してしまい気が滅入ってきています。

早急に手放したい物件です。よろしくお願いします。

 











このようなご相談でした。

近隣トラブルによる物件のご相談は少なくありません。

しかし、事故物件だと断定するのには難しく、

告知事項となるボーダーラインも非常に曖昧なため、

売却する際は後からトラブルにならないよう、

信頼のできる仲介業者にもあらかじめ伝えておくと安心でしょう。

今回のご相談の場合、隣人の方は特定の方(N様)に

のみ嫌がらせを行なっていると考えられます。

しかし、次に居住する方にも何らかの危害が

加わる可能性も想定した上で告知事項をつけ、

査定させていただきました。

 

事故物件買取センターでは、
このようなご相談も受け付けております。

お客様にあった売却方法をご提案し、

売却までの流れを円滑に進めさせていただきます。

お気軽にご相談ください。




 
 
                                                                  ※画像はイメージです