相談事例④

2020/05/22

相談事例④元夫の家
                神奈川県川崎市高津区
 Sさま
 

神奈川県川崎市高津区のS様は
久しぶりの義姉からの電話で、
元夫の死を知らされました。
死因は心筋梗塞で、
浴槽内で死後5日後に発見され、
孤独死だったとの事です。












S様は元夫の家庭内暴力(DV)が
原因で5年前に離婚していました。

元夫は親から土地を貰い注文住宅を新築し、
以前はS様とお子様で暮らしていました。
元夫は普段はとてもおとなしい人でしたが、
お酒に酔うととても暴力的になり、
S様とお子様は幾度となく危ない思いをしました。
時には隣地の方がS様宅の喧騒から、
警察へ通報し出動頂いたこともありました。
S様と子供は元夫の暴力から身を守るため、
離婚して実家で両親とともに暮らす事にしました。

あれから5年の月日が経ち、元夫が浴槽で孤独死をし、
お子様が相続人で元夫と暮らした家を処分したいため、
事故物件買取センターに買取相談を頂きました。

S様とお子様は慰謝料や養育費も請求せず、
元夫から逃げるように離婚した為、
より高い金額で売却するため買取ではなく、
協力業者への仲介依頼のご提案をさせて頂きました。

事故物件買取センターでは
お客さまのご要望に沿いながら、
高額売却案を提示させて頂きます。