事例紹介㊾

2019/11/08

賃借人の孤独死
                                                       東京都足立区 Mさま


私は二階建てのアパートを所有しているものです。
半年前、そのうちの一室で
発見まで死後約半年経過してしまった孤独死をされ方がいらっしゃいました。
いわゆる事故物件となってしまい、その部屋だけ空室のままで残されている状況でした。

どうにかしなければならないと思った私はこのアパートを買い取って貰うことに決めました。
「事故物件 買い取り」と調べ、いくつかの業者に問い合わせてみました。


何件か査定の電話がかかってきましたが、
どこも同じような金額だったので
安心して任せられるかを基準に業者選びをしました。

電話だけでの会話でしたが、担当者の方が非常に熱心に査定をして下さり、とても親身な会社だという印象を受けました。それらの理由で事故物件買取センターさんにお願いすることにしました。


内見をさせてほしいと言われたので、実際に見てもらったほうがいいかと思いお願いすることにしました。内見当日、担当者さんと始めて直接お会いし電話で話した通り好印象を受けました。

スムーズに物事が進んでゆき、ここに安心して任せることが出来てよかったなと思えました。

無事、売却できてすっきりしています。
本当にありがとうございました





 
                                                                  ※画像はイメージです