事例紹介㊽

2019/10/04

父の孤独死

                                                       東京都大田区 Iさま



私が幼少期に過ごした家で父が孤独死しました。
父と母が離婚し、私は母と二人暮らしをしておりました。
年に数回、父に会いに父の家には行っていましたが、
ここ最近は忙しくなかなか足が遠のいていました。

そんな父が月曜日に会社を無断欠勤し、
同僚の方が連絡が取れないと心配で父の家を訪問し、
無施錠の玄関を開けた際に、
金曜日の出社時の服装のまま
玄関廊下で倒れていたのを発見して頂きました。
金曜日の夜に会社の同僚と飲みに行き、
帰宅後すぐに心筋梗塞で倒れてしまったようです。
死亡解剖では死後発見まで3日が経過しておりました。

私が相続することになり、
母と相談し父と昔暮らした
家には住みたくはないと、
売却することが決まりました。

場所が閑静な住宅街で高い金額で取引さ、
大手仲介業者は直ぐに売却可能との事で依頼しました。
ところが、販売していただきましたが約半年の間に、
価格を下げても購入希望者が現れませんでした。

原因は告知事項で室内で孤独死し
発見まで三日程が経過しているのためとの事でした。

仲介業者から買取業者を紹介すると勧めて頂きましたが、
事前にインターネットで
買取業者数社に査定依頼をしていた為、
一番高い金額で査定の返答を頂いた、
事故物件買取センターに買取をお願いしました。

現金で購入いただけるとの事で、
契約してから3日後に決済手続きをして頂きました。

担当の方には
本当に手続きを一から説明頂き、
お手数をお掛け致しました。
ありがとう御座いました。
                                                                  ※画像はイメージです