事例紹介㊼

2019/09/17

息子がトイレで
                                               東京都町田市 Kさま


3年前に息子がトイレで自殺(縊死)しました。
受験勉強と進路の悩みから、
心療内科で鬱と診断され、
投薬治療から二週間ほど経過した時でした。


あれから約4年の月日が経過し、
下の子が受験の時期を迎えました。
息子のトラウマからか私たち夫婦は、
下の子には本人の希望を尊重しました。
そのため懸命に下の子の学費を蓄え、
医学部へ進学させることができました。

ところが学費が思った以上に高く、
子供のアルバイトと私達の給料では
賄えなくなってしまいました。
先ずは学資ローン、次に銀行ローン、
消費者金融と次から次へと借入をしました。

月々の返済や急の出費等が重なると
全ての返済や支払い等が困難になる可能性があり、
家族4人で家を借りると賃料も高くなり、
自宅を売却し賃貸で借り、
数年後に息子に買い戻してもらう、
リースバックの手続きを検討しました。

インターネットで検索し数社に査定依頼をしました。
全ての会社から取り扱いができないとの返答がありました。
息子がトイレで自殺したため、
瑕疵物件(事故物件)に該当するとの事でした。

自殺等でも問題なく買取やリースバックをする
事故物件買取センターを知り、
リースバック手続きが完了しました。

これから家族4人で頑張っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
                                                                  ※画像はイメージです