事例紹介㊷

2019/08/09

兄の孤独死
                                                       東京都板橋区 Nさま



なぜ兄が孤独死という選択を選んだのか未だにわかりません。
選んだと言っていいのかもわかりません。

兄の突然の死に気持ちが追い付いていない私は担当者さんに
沢山迷惑をかけましたね。


物件の話しだけではなく、私自身の話しも聞いて下さって本当に感謝しています。
やり場のない気持ちが少しだけ晴れた気がしました。

それだけではなく、きちんと物件を見定めて買い取ろうとしてくださる姿勢がとても印象的でした。
生き生きとしていて、何だか私まで勇気づけられた気がします。

今でも兄の異変に気付いてあげられなかった自分を責めて、
時々泣いてしまうことがあります。
けれど私なりに前に進もうと頑張っている最中です。

なかなか買い取って貰えなかった家も引き受けて下さって
親身に接してくださった担当者さんには本当に感謝しています。

ありがとう。

 
                                                                  ※画像はイメージです