事例紹介㊱

2019/05/22

実家の雨漏り問題
                                                       神奈川県横浜市 Nさま



私の実家には一つ問題があります。それは二階にある一室での雨漏りの事です。
私は現在、家を出て一人暮らしをしているので実家で生活しているのは父と母と弟と祖父の四人になります。
雨漏りが酷く夏場の雷雨、台風などが発生した時にはとても生活できるような状態ではなくなります。
なので現在その一室は物置に使われており、雨が降る度にバケツを雨漏りしている箇所の真下に置き、水がいっぱいになったら取り換えるというような感じで何とか生活しているそうです。

そして半年前、祖父が他界し弟も高校入学と同時に寮に入ることになったので、それを機に両親はもうひとまわり小さい家に引っ越すことになりました。
しかし私は、あの雨漏りしている一室があるため普通には売りに出せないのでは?
と不安に思い不動産に問い合わせてみました。
すると案の定、売りに出す前に修繕しなければ売却することはできないといわれてしまいました。
売りに出せても相当安い金額になってしまうそうです。
修理をするのにも調べてみると、とんでもない金額がかかるようで断念しました。

それを両親に伝えると、とても落ち込んでいる様子でした。
でも私はなにかしてあげたくて、このままじゃ引き下がれないと、何とか買ってもらえる不動産を探しました。
そしてやっとの思いで事故物件買取センターさんのサイトまでたどり着きました。
事故物件といったら自殺や殺害事件があったなどのイメージが強く、雨漏りのような自然災害なんかを扱ってもらえるのかとても不安でした。ですが、そんな心配はいらなく、親身に話を聞いて下さる担当者さんで、どんな風に対処するかや、段取り、必要な書類などわかりやすいように説明してくださって安心して任せることができました。何事もなく無事、売却も済み両親も喜んでいました。

今年は過ごしやすい夏になりそうです。
この度は本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 

                                                                  ※画像はイメージです